突撃!風俗鑑定団が行く!

プロ野球選手がトリプルスリーを達成することが難しいように、フーゾクで遊んだ女性が「ルックスよし、プレイよし、性格良し」とはなかなか行かないものです。でも、今日はトータルで癒されたな、と感じた時は満足感がありますよね。今回はそんなトータルの満足ができるお店を目指して、船橋へやって来ました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PC:http://www.hitodumatai.com/funabashi/

携帯:http://www.hitodumatai.com/funabashi/i/

スマホ:http://www.hitodumatai.com/funabashi/sp/

 

船橋 人妻 船橋人妻隊 TEL:0474-95-0009

お店のページへBinBinwebへ

  船橋にある「船橋人妻隊」は、お客様に提供するトータルバランスを考え厳しい採用基準で臨んでいる人妻デリヘル。とくに性格の良さと一生懸命さを重視しており、S級の極上美人でも性格が悪い場合は不採用という徹底ぶり。なになに?こういうお店を探していたって?かくいう私もそうなんです。もっと早く知っておきたかった!さて、今回登場していただくのは、リアル人妻のかえでさんです!  

かえで(36歳) T160B84(D)57H83

 

↑アンケートはクリックで大きく表示されるぞ!!!

  鑑定員「ダンナさんには内緒のまま1年半人妻デリヘル嬢としてやって来て、疑われるようなことはないのですか?」   かえで「大丈夫ですよ(笑)」   鑑定員「普通の主婦とは違って下着も小綺麗に保っているわけでしょう?」   かえで「それは昔からそうなので。母親から『女は見えないところからお洒落をしなさい』と教えられてきたので」   鑑定員「下着代だけでも相当かかるのではないですか?」   かえで「ワンセット2万円くらいの下着を年間に50セットくらい買います」   鑑定員「2万円×50セットということは年間の下着代が100万!」   かえで「そんなに使っているのですね(笑)」  

現役人妻「結婚する前の20代の頃はOLをしていました」

  鑑定員「お店にはどのくらい出勤しているのですか?」   かえで「別の仕事もしているので週に3~4日くらいです。自分のお店を開くという夢のために貯金しているんです」   鑑定員「働き者なのですね」   かえで「働くことは嫌いです(笑)。だからこそ、好きな仕事をしたいの」    

「実際に働いてみて、風俗に遊びに来る男性の気持ちがわかるようになりました」

  鑑定員「フーゾクのお仕事はこのお店が初めてとのことですが、仕事に対する抵抗感はなかったのですか?」   かえで「最初はありました。どちらかといえば反対派でした(笑)。『どうして男の人はお金を払ってまでこういうところへ行くのだろう?』と、思っていましたよ」   鑑定員「一般的に見たら、そうですよね」   かえで「でも、実際に仕事をやってみて、どうしてか、ということがなんとなくわかってきました」   鑑定員「といいますと?」   かえで「もちろんエッチなことをするところではあるのですけれど、それだけじゃないんです。男の人は仕事のことを家庭に持ち込みたくないんですね。奥さんに愚痴を言わずにぐっとこらえていて」   鑑定員「はい」   かえで「でもやっぱり溜めすぎるとストレスでイライラしたりしてしまうんでしょうね。お酒を飲んだり煙草を吸ったりだけでは足りないのだと思います。だから、こういう場所で出会った、知り合いではない相手に色々とお話をしたいと思うのではないでしょうか」   鑑定員「お店は一番短いコースで90分。長い時間男性と過ごすことになりますね」   かえで「そうですね。120分や180分も多いです。そうなると一緒にご飯を食べたり、デートに近い感覚です。長い時間を費やしてくださる方は、仕事帰りというよりお休みの日に遊びに来てくださる感じですね」   鑑定員「プレイしている時間よりそれ以外の時間のほうが長いことのほうが多いのですか?」   かえで「人によります。ずっとベッドの中で3回、4回という方もいらっしゃいます」   鑑定員「かえでさんの体力は大丈夫なのですか?」   かえで「意外と私、タフみたいです(笑)」   鑑定員「立ち仕事とかしていました?」   かえで「ありますよ。昔OLしていた頃も机にじっとしていることが苦手でウロウロしているタイプでした(笑)。ウロウロしているほうがサボれるし、気分転換になるでしょう」  

おもわず息を飲んでしまうほどの美脚。

    鑑定員「ダンナさんとはセックスはあるの?」   かえで「ほとんどないです。仲はいいですけど」   鑑定員「セックスレスはもうしかたがないこと?」   かえで「そうですね。もう今さらな感じがします」   鑑定員「性欲はどうするの?」   かえで「私はオナニーが好きなので自分の指で解消しています」   鑑定員「それで満ち足りるもの?」   かえで「充分満足できます(笑)」   鑑定員「浮気したことあります?」   かえで「できないですし、したこともありません。浮気するぐらいなら離婚する、という考えです」   鑑定員「既婚者でも、たとえば職場で男女として惹かれ合ってしまうことってありません?」   かえで「そういうのはなし、と決めています(笑)」   鑑定員「それだけ綺麗だったら口説かれたことはあるでしょう?」   かえで「ありますけど…ゴメンなさいって言うしかないです」  

  鑑定員「デリヘルのお仕事だと割り切れるのですか?」   かえで「そうですね♪」   鑑定員「オナニーとは違う楽しみ方ができますね。やはり自分の指と男の指は違うのでしょう?」   かえで「まったく違います(笑)」   鑑定員「自分では触ることはできても舐めることはできませんからね?」   かえで「あははっ。届かないですもの(笑)」     鑑定員「家庭内のセックスって挿れるだけで終わっちゃいませんか?」   かえで「そうですね、昔は付き合っていた頃は前戯も長かったのですけど、やはりそうなってしまうと虚しくなってきて自分で触っていたほうがいいな、なんて思うようになりますね」   鑑定員「こういう店だと、男性に全身舐めてもらえたりするわけでしょう。高級マッサージ店にいってもそんなことしてもらえないですよ?」   かえで「そうですね。舐められるのは最初はくすぐったかったのですけど、最近は気持ちいいほうが勝ってきていますね」  

「自分の指と男の人の指ではやっぱりぜんぜん違います(笑)」

  鑑定員「足の指まで舐められるのではないですか?」   かえで「そうですね。足の指を舐められるのは昔から好きです(笑)。ダンナが舐める人だったので。最初の頃だけですけど」   鑑定員「足を舐められて落ちて結婚しちゃったのですか?」   かえで「あははっ。まさか(笑)」   鑑定員「一番気持ちいいのは乳首とアソコを同時に舐められることだそうですが、1点集中より同時多発のほうがいいのですね」   かえで「そうですね。1点集中よりも同時に責められて性感がばらけていく感覚のほうが好きですね」  

スレンダーながら出るべき場所は出ています。

    会ってすぐに彼女に掛けられた言葉、綺麗な言葉遣い…。レベルの違いを感じました。なかなかデリヘルで出会える相手ではありません。常に男性を立て笑顔を絶やさない、いかにも育ちの良さそうな出で立ちだった彼女が、肌を見せた時に艶っぽく豹変した際には驚きを隠せませんでした。   お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね~!

つづく

  只今『風俗鑑定団を見た!』で、 フリー・指名問わず全員の方、100分ホテル代込み20,000円!! 割引期間は6月20日(水)~7月4日(水)まで!  

船橋 人妻

船橋人妻隊 かえで T160 B84(D) W57 H83   TEL:0474-95-0009 PC:http://www.hitodumatai.com/funabashi/

携帯:http://www.hitodumatai.com/funabashi/i/

スマホ:http://www.hitodumatai.com/funabashi/sp/ 次回更新は、7月5日更新予定です!!お楽しみに!

お店のページへBinBinwebへ

  1. かえで
  2. T160 B84(D) W57 H83
  3. 船橋人妻隊
  4. http://www.hitodumatai.com/funabashi/
  • カテゴリー:人妻
  • 投稿日:2018.06.20

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ビンビンウェブ トップページに戻る