突撃!風俗鑑定団が行く!

女の性欲がMAXにまで登りつめるのは40歳を過ぎてからという話を聞きますが、本当なのでしょうか?その答えを探しに人妻風俗のメッカ西船橋に行って来ました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PC:http://www.munmunjyukujyo.net/

携帯:http://www.munmunjyukujyo.net/m/

スマホ:http://www.munmunjyukujyo.net/s/

 

西船橋 熟女 西船橋ムンムン熟女妻 TEL:047-495-6055

お店のページへBinBinwebへ

  西船橋発の「西船橋ムンムン熟女妻」は、千葉県内の30代~50代の厳選されたスケベ(女)軍団と遊べる待ち合わせ型デリヘル。熟女の底知れぬ性欲と対峙したいという男性なら、このお店を外すことはできないでしょう。さあ、今回登場していただくのは41歳の現役ムンムン妻、なお美さんであります。  

なお美(41歳) T174B83(B)58H85

 

↑アンケートはクリックで大きく表示されるぞ!!!

  鑑定員「顔がムラムラしているって言われませんか?」   なお美「失礼ですね。全身ムラムラしていますよ(笑)」   鑑定員「男でいえば勃ちっぱなしみたいな感じですか?」   なお美「そんな、痴女みたいな扱いをするのはやめてください。全身がムラムラするのは男性と2人きりになった時だけです」   鑑定員「飢えています?」   なお美「そりゃそうです。でも、飢えているだけが理由でデリヘル嬢になったわけではありませんよ(笑)」   鑑定員「やはり生活費のためですか?」   なお美「そうですね。もともとは生保レディをやっていたんです。生保レディって出勤時間と退勤時間だけタイムカードを押せばあとは自由な時間が多いので、お友達と毎日のようにランチとかしちゃってお金が貯まらなかったんです」  

 

「数ヶ月前までは生保レディをしていました」

  鑑定員「お客さんは熟女にどのようなことを求めているのですか?」   なお美「そうですね…人生に疲れたサラリーマンが癒されにやって来ることはたしかに多いかな。奥さんや会社の愚痴をこぼしたくても、安心してこぼせる場所がないみたいなんです」   鑑定員「やはり熟女だから甘えやすい?ヨシヨシしてあげるの?」   なお美「私の場合はヨシヨシという感じではないですね。がむしゃらに責めて来られます。『オレのことを受け止めてくれ』と(笑)。そうなるのは私のほうにも原因があるんですけど」   鑑定員「と、いいますと?」   なお美「私が敏感すぎるから、楽しくなって責めに転じちゃうからだと思います」   鑑定員「面白いくらい敏感だと?」   なお美「もともとM体質である自覚はあったのですが、ここまで感度が良いとは自分も知りませんでした。ダンナと4年以上セックスレスだったもので感度が上昇していることに気付かなかったのかもしれません」  

 

ダンナとはセックスレスが4年続きました。

  鑑定員「この仕事を始めてから敏感な自分に気付いたということですか?」   なお美「とくに乳首が(笑)。ここまで感じるんだって。乳首だけでイケちゃうんです、アタシ」   鑑定員「乳首があれば生きて行けますね?」   なお美「いいえ(笑)。乳首もアソコも捨てがたいです。でも乳首をないがしろにされるのはダメ(笑)」   鑑定員「すると、上から順番がなお美さんの正しい攻略法ですね」   なお美「そうですね」   鑑定員「アソコはどこが好きなのですか?」   なお美「中派です。手前も真ん中も奥も全部好き」   鑑定員「手前と真ん中と奥と、3パーツに分けている時点で、相当の好きモノといえます」   なお美「そうですか?奥を責められると潮も吹きます。吹きながらイクとスッキリしますね(笑)」   鑑定員「吹きながらイク女ってモテるでしょう?」   なお美「そういうモテ方があるのであれば、きっと(笑)」   鑑定員「絶叫します?」   なお美「イクって叫ぶじゃないですか。『イ』って言った時点でイっちゃって、『ク』って言った時はもうイった後だったりするんです(笑)」   鑑定員「そんなおかしな女、この世にいるのですかね?」   なお美「いますよ、ここに(笑)」   鑑定員「だったら、もう少し早めに『イク』って言えばいいじゃないですか。イクことに気付くの、遅すぎませんか?」   なお美「そんなこと言ったって、間に合わないんだもん。連続で何回もイクんですけど、いつ波が来るかわからないんです。イク寸前の状態が続いているので」   鑑定員「何回ぐらいイクの?」   なお美「10~20回ぐらいかな」   鑑定員「そんなに!?小さいアクメが何度も訪れるのですか?」   なお美「いいえ、急にどデカい波が来たりします」   鑑定員「それは油断ならないですね」   なお美「はい」   鑑定員「イっている時ってどんな感じなのですか?」   なお美「鼻血が出るんじゃないかっていうくらいツンっと来ます。後頭部を強めにぶつけた時みたいに(笑)」   鑑定員「一度イクたびにそんな衝撃を受けていたら、そのうち血管が切れちゃいますよ」   なお美「いつか切れるだろうと思っていますけど(笑)、今のところ鼻血が出たことはありません」  

「乳首だけでイっちゃいます。しかも1分足らずで」

  鑑定員「乳首単品でもイクっておっしゃっていましたよね?」   なお美「はい。舐められたり吸われたりすると。甘噛みとソフトタッチなどで強弱を付けられると弱いですね。1分ぐらいでイっちゃいます」   鑑定員「乳首で1分!!どんだけ敏感なんですか?」   なお美「あとは背中や鎖骨がスゴいですね。ずっとビクビクし続けています」   鑑定員「全身クリトリス状態ですね」   なお美「恥ずかしいです」  

「アソコにアイスキャンディーをぶち込まれたことがあります」

  鑑定員「アソコにアイスを入れられたことがあるんですって?どんなアイスなんですか?」   なお美「ガ◯ガリ君みたいなアイスキャンディーの細いやつです(笑)」   鑑定員「冷たい?」   なお美「冷たいです。アソコが熱くなっているから、余計に冷たさを感じるんです」   鑑定員「いい年こいて何をやっているんですか、あなたは?」   なお美「だって入れたのは私じゃないもん。それにずいぶん若い頃の話ですよ。あとはプリンを塗りたくられたり、普通にキュウリを入れられたこともありますし」   鑑定員「普通ではないです」   なお美「あははっ」   鑑定員「アイスを入れられた人と同じ人に?」   なお美「いいえ、全部違う人(笑)」   鑑定員「イジられキャラなんですね?」   なお美「いろんなことをされて、結果、飽きられるんですけどね(笑)」  

  鑑定員「そんなに責められまくっていて、フェラとかしている時間はあるのですか?」   なお美「フェラするのは最初と最後ですね」   鑑定員「イキ疲れしてサービスできなくなりませんか?」   なお美「そんなことは…ある(笑)。だから最初にちゃんとしたことをして、最後は向こうから口の中にぶっ込んでもらいます。でもお客さまの1/3はイカなくてもいいという人です」   鑑定員「貴女の姿を見ているだけで嫌なこともサッパリと忘れられるわけですね」   なお美「そうだったら嬉しいですね」   鑑定員「オモチャを使うことはあるんですか?」   なお美「ありますよ」   鑑定員「実際は使う必要もないのでしょう?」   なお美「あははは」  

 

イキ過ぎているせいか、お尻の筋肉が発達して締まっているなお美さん。

    長年風俗鑑定団の取材をしていますが、ここまで感じる女性に遭遇したのは初めてではないかと思います。1/3のお客さまが発射しないで帰るという事実が彼女のアクメパフォーマンスの魅力を物語っているのではないでしょうか。さあ、みんなで西船橋のなお美嬢の艶姿を見学に行きましょう。   お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね~!

つづく

 

西船橋 熟女

西船橋ムンムン熟女妻 なお美 T174 B83(B) W58 H85   TEL:047-495-6055 PC:http://www.munmunjyukujyo.net/

携帯:http://www.munmunjyukujyo.net/m/

スマホ:http://www.munmunjyukujyo.net/s/ 次回更新は、4月20日更新予定です!!お楽しみに!

お店のページへBinBinwebへ

  1. なお美
  2. T174 B83(B) W58 H85
  3. 西船橋ムンムン熟女妻
  4. http://www.munmunjyukujyo.net/
  • カテゴリー:熟女
  • 投稿日:2018.04.5

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ビンビンウェブ トップページに戻る