千葉の風俗情報探すならビンビンウェブ!

会員登録
閉じる

ビンビンウェブ千葉・茨城・埼玉の会員情報は統合いたしました。
各都道府県でアカウントを作成したパスワードは千葉>茨城>埼玉の順で優先されます。

例:ビンビンウェブ千葉とビンビンウェブ埼玉で会員登録をしていた場合は、
ビンビンウェブ千葉のアカウントでログインしてください。

ログイン 会員ログインはこちらから

新規登録はこちらから

会員登録

新規登録はこちらから

会員登録
不夜城

不夜城 千葉・栄町 / ソープ

9:00~24:00

千葉県千葉市中央区栄町9‐10

千葉駅東口から徒歩5分 、栄町駅から徒歩5分、東千葉駅から徒歩5分

総額 6019,000円~

利用可能カード:VISA、MASTER、JCB、American Express

043-225-8621

※お電話の際に「ビンビンで見た」とお伝えください

電話する

お店の電話番号をコピー

秋野いくみの写メ動画一覧

秋野いくみ(38)

秋野いくみ(38)

T155 B83 (C) W58 H84

  • 投稿日時

    クライマックス!




    まるで竹下君に見せびらかすかのように私は田中君の上にまたがり、自ら挿入する。

    卑猥な行動に更に興奮し、自ら肉棒を蜜壺で舐めまわす。

    じわりと愛液が出てくるのを感じられるほど、慣れ流れてくる。私の体はエクスタシーにいたり、背中がそりかえってしまうほどだった。天井を向いた勃起した乳首を竹下君が揉みしだいて、私は更なる観覚に襲われた。

    自分の下腹部が締まるのを感じる。

    吸い付いて離したくないと言わんばかりだ。

    子宮が自ら意思を持っているのだろうか。私の体がこんなにも動くなだろうがと驚くほど腰を艶めかしい動きをして、白濁した液体を搾り出そうとしていた。

    耐えきれなくなったのか田中君がいたから私を突き上げてくる。

    私ももお意識が飛びそうだ。

    そう思った瞬間、田中君も果てる。
    続きを読む
  • 投稿日時

    今日は出勤します。




    突然後ろから、私の蜜壺に物が入り、くわえていたにも関わらず、思わず声が漏れる。

    陵辱的な体勢にこんなにも興奮するものなのだろうか。

    私が攻めていたはずなのに、いつの間にやら攻められ蜜壺からジュワーっと漏れ出るのを感じた。

    「自分の蜜壺がこんなにも熱くなるものなの?」と思った瞬間、口の中で蠢いている物も更に熱を帯びてきた。

    後ろから激しく突かれながら、喉にまで届きそな物を舐めまわした。

    竹下君も興奮したのか、私がいくと同時に果ててしまった。

    私は物足りない。

    今度は田中君が私にキスをしながら、ゴムを付ける。

    私の体は何故こんなにも卑猥な動きができるのかと思うほど、自ら田中君の唇に吸い付く。
    続きを読む
  • 投稿日時

    続きでーす。




    ひとしきりシャワーで泡を流し、体を拭き終える。

    タオルを体に巻いてベッドへ行こうとした時、急にタオルが消えた。



    いらないとばかりに竹下君がこちらを見る。

    そのままベッド連れられ、四つん這いにされる。

    私はされるがまま。

    今度は田中君の物を舐めまわした。

    人生でないくらい、吸い付いた気がする。



    吸い付きながらも舌で撫でまわしていると。いつのまにゴムをつけたのだろう。後ろから竹下君が私の蜜壺に物をゆっくりと、焦らしながら、愛撫してきた。

    始めは撫でまわしながら。時折、擦られる。もお、我慢出来なくなり、私は自ら腰をくねらせ挿入を求め始めた。



    自分でも驚くほど、いやらしい腰使い。それでも口はもお一方の物をくわえて、男の味を味わっている。

    私はこんなにも卑猥な部分があったのかとショックを受けながらも、この瞬間を楽しんでいた。
    続きを読む
  • 投稿日時

    続きです。




    私の中で何かが弾けた。自然とシャワーを浴びに二人をお風呂へ誘った。

    二人の服を半ば無理やり脱がせ、3人で風呂場へ入る。

    泡まみれになりながら、洗い合っているうちに、ふなりの物がそそり立ってきたのを感じた。私は蜜壺を自ら、見せびらかすように

    風呂釜の淵に腰を下ろして、足を広げて見せた。

    一人は私の太ももや、体を。もう一人は私の蜜壺を優しく撫で洗いしている。

    私はたかぶり、声が漏れてしまった。

    今度は淵に手をつき、私は四つん這いの体勢になると、竹下君の肉棒を片手で優しく撫で洗いした。

    田中君は私のお尻を撫でまわし、優しく愛撫する。

    力だ抜けてしまいそうになりながら、私はそそり立つ物にご奉仕を続けた。
    続きを読む
  • 投稿日時

    ついに、ついに?




    部屋に入るとベッドが二つ並んでいた。

    田中君が「俺実家泊まるから、帰るよ」

    竹下君「実はさ、俺伝えたい事があるんだ」

    「...」

    竹下「俺、昔から秋野のこと...好きだった」

    田中「...気づいてたよ。俺もなんだ」

    竹下「...俺もお前が秋野好きなの気づいてた」



    秋野「昔はよくつるんでたもんね」

    「あの時は楽しかったよね」

    「みんな大人になって、責任も増えて・・・

    楽しかった毎日が大変になって、なんとか生きてる」

    「またあの頃に戻れたらいいのにね」



    「今日はさ・・・楽しも」



    そお言い放って私は二人に抱きついた。



    何がそうさせたのか、お酒のせいか、私にもわからない。自分の行動が自分でない観覚に落ち入りながら、私はそれに従った。

    私はまず竹下君に顔を寄せた。

    戸惑いながらも私に応えてくれる優しいキス。

    私は物足りなくなってしまった。



    振り返り田中君にも顔も寄せる。田中君は対抗してくれているのか、私への対応が少し激しい。私の下腹部が熱くなるのを感じた。
    続きを読む
  • 投稿日時

    続き3




    お店をあとにした、私達は足取り重く、目的地のお店に向かっていました。

    歩いていると聞き覚えのある声が、「よぉ!久しぶり!」振り返るとそこには、幼馴染の田中君。

    私にとっては幼馴染、竹下君にとっては昔から仲のいい親友です。

    3人で会場に着くと、馴染みの深いみんなに久しぶりに会うことごでき、楽しい時間を過ごしました。

    あっという間に時間が過ぎて、お店を出る時間に。竹下君が声をかけてきて「これからもお一軒どお?」と誘われました。私が迷っていると、「俺も混ぜてよ!」と田中君。

    3人で場所を変えるとこになりました。

    楽しく話しながら歩いていると、酔っていたのか、履き慣れないヒールに疲れたのか、ホテルの前で私は足を挫いてしまいました。

    動けそうもない私を抱えて、二人はホテルへ。
    続きを読む
  • 投稿日時

    三日目


    そこへ一人の男性がお店に入ってきました。

    隣に座って注文をする客を何気なくみると、なぜか懐かしい気持ちになりました。

    向こうも何かを思い出したのか、私を見ています。「秋野?」私は再度彼を見ました。

    よく見ると同級生の竹下君でした。

    「もしかして竹下君?」

    「これから同窓会なのになんでここにいるんだよ」と竹下君。

    私は理由を話しました。

    「俺も、。。。少し緊張してて、少し酒を入れてから参加しようと思ってさ」

    せっかくだから少し呑んだら一緒に参加しようという事になり少し呑んでから、お店をあとにしました。
    続きを読む
  • 投稿日時

    続きです。




    少し早めに着いてしまった私は、時間を潰すのに、一人でバーへ行きました。

    昔の思い出に浸りながら。

    中学生の時の淡い初恋の思い出です。

    同じクラスの彼は勤勉で、物静かな性格でした。私は勉強はそこそこに部活に一生懸命なタイプ。隣の席の彼にいつも勉強を、教わりながら、好きな部活に専念していました。



    わかりやすく説明してくれる彼が私は好きでした。

    彼の気持ちを聞けず卒業し、高校大学を経て今の夫と知り合い結婚しました。

    結婚後も、たまに夢をみました。あの淡い初恋の記憶を。その夢を見るたびに、「自分の気持ちを伝えておけばよかった。」「もし伝えていたら今の生活とはまるで違う生活になっていたのでは」と考えてしまいます。



    そんな事を思い出していました。
    続きを読む
  • 投稿日時

    こんにちは。




    めっちゃくちゃ暑くなってきましたね。

    皆様いかがお過ごしでしょうか。

    明日の出勤ですが急遽休みさせていただく事になりました。



    そんなこんなで、せっかくなので、官能小説まがいのブログでもと思いましたが。うまくかけるかなー。

    [主婦a子の真実]

    私は毎日子供の事ばかりに追われる専業主婦。

    夫とは中はいいのですが、日々の生活を送るので精一杯。そんなある日、同窓会のお便りが届きました。「みんな元気かなー」「でも子供達の事があるし、私はいけないかー」と呟いていると。夫が「せっかくなんだし行ってきなよ」と言ってくれました。「でも子供達はどおするの?」

    「その日は俺が見てるから、時間は気にせず行っておいで」



    続きはまた明日
    続きを読む
  • 投稿日時

    本日も宜しくお願い致します




    今日はジメジメですねー。7月二日目。夏本番?かな。

    子供達も朝からぐずぐずでした。

    なんとか学校と幼稚園行かせて、ふぅーって感じです。

    今日も一日頑張りましょ



    今週は今日と5日の二日です。

    来週は8日と11日となります。

    宜しくお願い致します
    続きを読む

トップ